「杉並高円寺整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は水分補給の重要性についてお話しさせて頂きます。人間の身体の60%は水なので、毎日水分を摂取することが、身体の水分の吸収や循環、代謝、体温調節の管理に役立っているというのも不思議ではありません。

人間の身体は水分が大半を占めています。

赤ちゃんなら身体の75パーセント。

成人なら身体の60パーセント。

老人なら身体の50パーセントを水分が占めているといった具合です。

水分量が一番多い赤ちゃんは肌に潤いもあり、筋肉の柔軟性も申し分ありません。成人になると水分量の割合が減ってきます。当然、赤ちゃんと比べれば体の柔軟性に差が出てきます。老人になると、さらに体の水分量が減ってきます。見た目も筋肉に潤いがなくなり柔軟性もありません。このように体の水分量の違いによって、筋肉の状態が変わってくるのです。

一般的に、一日にとる水分量というのは2リットルと言われています。一日に2リットルというのはなかなか多いのですが、多少多めに水分をとることで身体に潤いが出てきますし、筋肉に柔軟性も出てくるため、痛みの予防になるのです。

気温や運動量に合わせて、普段飲んでいる量よりも多少多めに摂るくらいでいいと思います。トイレに行く回数も増えますが、血液もサラサラになるため腎臓への負担も減り、不要なものが体外に排出されやすくなるので一石二鳥ですね。身体については分からない事や知らなかった事もたくさんあるとは思いますが、杉並高円寺整骨院ではそういった事もしっかりとアドバイスをさせて頂きます。ぜひ一度いらしてみて下さい!

杉並区で整体なら「杉並高円寺整骨院」 PAGETOP