「杉並高円寺整骨院」で痛みや不調を根本改善

左右の足の長さが違う気がすると感じたことある方、意外と多いのではないでしょうか?左右の足の長さが変わる要因はたくさんありますが、骨盤が歪む事が原因であることが多いです。足の骨は骨盤とくっつくので、骨盤が歪むと見かけ上の足の長さが変わります。結果、足の着き方が左右均等ではなくなるので、筋肉の負担の掛かり方が偏ってしまいます。見かけ上長くなってしまった方の足の負担が特に強くなり、バランスを崩してしまいます。また、庇うために腰などにもより負担が溜まりやすくなってしまうため、見かけの足の長さが変わるほどになってくると、身体全体のバランスが悪くなっている事を表します。また、骨盤は背骨とも繋がっている為背骨も一緒に歪みます。

骨盤が歪む原因は、足の負担が増えることで骨盤につく足の筋肉が緊張します。筋肉が緊張することで骨盤を引っ張り歪めます。重心のかけ方に癖がある方や足の負担が強い方に多いです。

杉並高円寺整骨院ではそういった原因となる筋肉を根本から診ていきます。また、B&M背骨歪み整体により、骨盤と一緒に歪んだ背骨をしっかり整えます。背骨が真っ直ぐであることで身体をしっかり支えられるので、骨盤の歪みもなくなっていきます。結果、足の長さも正常になり、身体全体のバランスも変えることが出来ます。

気になっている方は是非一度杉並高円寺整骨院にいらしてみて下さい。

杉並区で整体なら「杉並高円寺整骨院」 PAGETOP