「杉並高円寺整骨院」で痛みや不調を根本改善

西洋医学と東洋医学の違いは、体の治し方にあります。例えばお家に壊れかけのテレビがあったとします。そのテレビが故障して止まってしまいました。止まってしまった原因は中のネジが外れてしまったことでした。ネジをはめたらまた動き出しました。西洋医学の場合は、そのネジをはめて動き出せば治ったということになります。東洋医学の場合はなぜネジが外れたかを考えます。例えば、機械のネジは全体のどこかに問題があり、その影響で外れたのかもしれません。そうなると、またネジをはめてもすぐに外れてしまう可能性があります。よって機械全体の問題解決に努めるのです。機械を安定化させて、原因となるものを根本から無くしていきネジが外れにくくなることで治ったと考えるのが東洋医学になります。要するに即効性を求めて対処するのか、原因まで追究していくのかの、考え方の違いにあります。どちらにも利点がありますがライフスタイルに合わせて選んでいくことが大切です。

日本で一般的に東洋医学といわれているものは、主に中国から伝わった医学のことを示しています。そして西洋医学とは、主にヨーロッパで発展した医学のこと。現在の日本では、西洋医学の方も一般的に普及しており、信頼性も高いと考えられています。

西洋医学は、化学薬品や機械などを用いて患部の安定を図り、またそれで安定が見込めない場合には外科手術などを用いて安定へと目指します。

反面、東洋医学では、患部だけを見るのではなく全身を見てから施術法を判断します。

とはいえ、そんな2つの医学にも共通点はあります。

それは「お身体の不調を良くすること」。

自分が納得できるベストな施術が受けられるのがベストですね。

お身体の事で何かお困りの方は是非一度杉並高円寺整骨院までいらしてみて下さい!

 

杉並区で整体なら「杉並高円寺整骨院」 PAGETOP