「杉並高円寺整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は自律神経とその働きについてお話しさせて頂きます。交感神経と副交感神経は片方が活発なときは、もう片方の働きが抑えられるというバランスで働いています。そして昼間は交感神経が活発で、夜は副交感神経が活発という1日のリズムを持っているのです。

交感神経が活発になり朝はきちんと起きて行動を始める。反対に副交感神経が活発になり夕方からはゆっくりと心身を落ち着け、その働きがピークに達する時間はしっかりと眠る。そんな自律神経のリズムに合わせて生活することがお身体の健康につながります。気圧が変化すると、人間の体はストレスを感じるため、それに抵抗しようとして自律神経が活性化されます。自律神経系には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は血管を収縮させ、心拍数を上げて体を興奮させる働きがあります。一方、副交感神経は血管を広げて体をリラックスさせる働きがあります。この交感神経と副交感神経の調整がうまくいかないと、さまざまな体調不良の原因となってしまうのです。またこの神経は首の後ろを通っているので、首の状態が悪くなってくるとバランスが崩れてしまいます。

最近ではエアコンで夏は涼しく、冬でも温かく過ごすことができます。こういう体にとってやさしい環境は、自律神経系の働きを弱めることにつながり、気圧の変化などで自律神経のバランスが崩れやすくなって、頭の痛みや寝つきの悪さなどに繋がるので周りの環境なども見直してみるといいですね。また冷えやむくみ、肩の痛みなどの症状の多くは、血行の悪さが原因です。自律神経は、血管の周りに巻き付いており、ストレスなどで交感神経が働きすぎると、血管が収縮し、血行が悪くなります。反対にリラックスして副交感神経が活発になると、血管が拡張して血行が良くなるのです。血行を良くするためには、血行と密接に関係している自律神経を整えることを考えましょう。

お身体については分からない事や知らなかった事もたくさんあるとは思いますが、杉並高円寺整骨院ではそういった事もしっかりとアドバイスをさせて頂きます。ぜひ一度いらしてみて下さい!

 

杉並区で整体なら「杉並高円寺整骨院」 PAGETOP