「杉並高円寺整骨院」で痛みや不調を根本改善

膝の関節は、太ももの骨とすねの骨、そして膝蓋骨が組み合わさってできています。大腿骨と脛骨の端は、骨同士がぶつからないように関節軟骨で覆われており、骨の間には軟骨の一種である半月板というクッション代わりの組織もあります。また、関節の中は関節液で満たされていて、関節軟骨に酸素や栄養を補給しています。

 私たちは日常生活の中で、歩く、立つ、座るなどの動作をなにげなく行っていますが、それがスムーズにできるのは、膝の関節が正常に機能しているからです。しかし、重い体重を支えながらこうした動きを繰り返すのは、膝関節にとっては大きな負担となります。

それが長年にわたって続くと、関節軟骨や半月板が次第にすり減って変性が進みます。その過程で、すり減った軟骨のかけらが関節液に混じり、関節包の内側にある滑膜を刺激します。すると、滑膜に炎症が起こり、痛みを生じます。これが変形性膝関節症です。

女性の場合、男性に比べて膝関節を支える筋力が弱く、関節が小さいため、膝にかかる負担が大きくなります。数で比べると、女性は男性の2倍といわれます。またO脚の人も要注意です。O脚は膝が外側に反った状態になっているため、関節の内側に偏って体重がかかり、その部分の軟骨がすり減りやすくなります。

杉並高円寺整骨院ではB&M背骨歪み整体を行って、背骨の歪みを無くしお身体のバランスを整えていく施術を行っています。しっかりとバランスを整えて普段の生活でのお身体に掛かる負担を減らしていきます。膝の痛みや背骨の歪みでお悩みの方は是非一度杉並高円寺整骨院へいらしてみてください。

 

杉並区で整体なら「杉並高円寺整骨院」 PAGETOP