「杉並高円寺整骨院」で痛みや不調を根本改善

先日、脛(すね)の下の筋肉が最近凝って硬くなったり、だるくなったりするという高齢の女性の利用者様が杉並高円寺整骨院に来院されました。

早速足の状態を確認してみると、前脛骨筋という膝から足の指に伸びている筋肉が固くなっていました。

お話を伺っても日常生活において、特にその部分を酷使するような動作はないとのこと。

とりあえず全身の施術に加え、前脛骨筋への手技も行ったところ、かなり楽になったようでした。

そこで、履いている靴についてお尋ねしたところ、サンダルはともかく、スニーカーは少し大きめで、かつ脱いだり履いたりしやすいように紐は緩めで履いているとのこと。

要するに、スニーカーの中で足がごそごその状態だということがわかりました。

足に合わない靴、特にサイズが大きく靴の中で足がごそごその状態で、かつ紐を適切に締めないで履いていると、歩を進めるたびに靴が脱げないように足の甲、つま先を持ち上げて歩くようになります。

この足の甲、つま先を持ち上げる筋肉が前脛骨筋、脛の前の部分の筋肉です。

足に合わない大きめの靴をきちんと紐を締めない状態ではいていると、前述のような歩き方になり、常に脛の筋肉の緊張を強いることになり、やがてその部分の凝りやだるさが表れます。

靴は足底を浮かせてかかとをしっかりと入れ、その状態で靴の紐をきちんと締めるのが正しい履き方です。

そして、脱ぐときは紐を緩め、履くときは紐を締めることが大切です。

面倒と思われるかもしれませんが、そうすれば、不必要に足の甲やつま先を持ち上げて歩くこともなくなりますし、脛の下の筋肉を常に緊張させることもなくなります。

同じような脛の前の筋肉の凝り、だるさ、痛みでお悩みの方は、杉並高円寺整骨院にお気軽にご相談ください。

杉並区で整体なら「杉並高円寺整骨院」 PAGETOP