「杉並高円寺整骨院」で痛みや不調を根本改善

3月に入り、これから少しずつ暖かくなりそうですね。

ただ、まだまだ朝晩冷え込んだりしているので皆さん、体調には十分気をつけてお過ごしくださいね。

さて、本日は痛みが出ている時に、杉並高円寺整骨院に来られる利用者様から温めたほうがいいのか?

冷やしたほうがいいのか?

というご質問をうけたので、それについてお話していきたいと思います。

痛みが出て、どちらがいいのか?

と迷われた場合は痛みの感じ方で判断していただければいいと思います。

体の痛みを感じる所で、ズキズキうずくような痛みがある場合は、冷やしてもらえればいいと思います。

なぜかというと、その場合痛みを感じるところで炎症が起こり熱をもっているいるので、その場合は温めず冷やしていただくとその痛み自体は緩和されると思います。

反対に、痛みを感じる部分で、鈍い痛み、ドーンと重たい痛みが出た場合は、基本的には温めてあげると痛みは緩和されると思います。

なぜかというと、その痛みを感じる部分で血流が悪くなり痛みを感じやすくなってしまっている可能性が高いからです。

なので、温めることで痛みを感じる部分の血流をよくしてあげることで痛みは緩和させることができると思います。

ただ、痛みを感じられ、どうしたらいいか?分からなかったり、上記のことをやられても緩和されない方もいらっしゃると思います。

なので、杉並区にある杉並高円寺整骨院では、しっかりその場合でもご相談に乗らしていただいたり、痛みでお困りの方もしっかり施術することで緩和されますので、お体の痛みでお悩みの方は、お気軽に杉並高円寺整骨院にご相談くださいね。

杉並区で整体なら「杉並高円寺整骨院」 PAGETOP