「杉並高円寺整骨院」で痛みや不調を根本改善

「身体の痛みを感じたら温めるのと冷やすの、どちらが良いんですか?」ということをしばしば聞きます。自宅などで自分で簡単にできるため、気になる方が多いようです。では、実行するならどちらが良いのでしょうか?

時と場合によりますが、実はどちらも痛みに対して正解になります。ただ、この答えに対しては「じゃあどう使い分けたらいいんですか?」と聞かれることが多いです。なので、今回はその使い分けについてお話します。

痛みは大きく分けると、「急な痛み」と「日頃の痛み」とがあります。急性の痛みは、捻ったりやぶつけたりなど、急に痛めた状態。これは炎症が起きているので、冷やすことで痛みを緩和させることができます。日頃の痛みは、長期間にわたる痛みの状態です。血行不良が起きていることが多いため、温めることで痛みを緩和させることができます。

使い分けるなら、突然痛めた時は冷やして、普段から痛む時は温めてください。ただ、どんな痛みも放置すると悪化するため、早めに専門家へ相談することをオススメします。

当院では、急な痛みへ施術をすることはもちろん、独自でおこなっているB&M背骨ゆがみ整体で身体のバランスを整えて、血行不良などを良くしていきます。痛みでお困りの方は、お気軽に当院へご相談くださいね。

杉並区で整体なら「杉並高円寺整骨院」 PAGETOP