「杉並高円寺整骨院」で痛みや不調を根本改善

今日は表層筋と深層筋についてお話しさせて頂きます。筋肉には表層筋(皮膚に近い筋肉)深層筋(骨に近い筋肉)の2種類があります。その役目は、表層筋が実際に身体を動かす為に使う筋肉で、深層筋は身体を支えるために働いています。例えば歩いている時などは、身体を倒れないように支えているのが深層筋で、足や手を動かしているのが表層筋です。また、じっと座っている時などには、身体が倒れないようにずっと深層筋だけが使い続けています。もし深層筋のバランスが崩れてしまうとどのようになるのでしょうか?深層筋のバランスが悪くなってしまうと、身体が支えられなくなってきてしまって、その代わりに表層筋を主に使ってしまいます。このような状態で身体を動かしていると、不安定な土台の上で作業をするようなもので、表層筋の負担は何倍にも膨れ上がり、色々な症状となって痛みを感じるようになります。逆に深層筋がしっかりと安定していると表層筋の負担はそれだけで減っていきます。そうすることによって痛みやだるさを感じにくい身体になっていき、根本的に良くしてきます。杉並高円寺整骨院ではこのように深層筋のバランスをとっていけるように施術をしていきます。お身体を根本的に良くしたい方やお身体の事で何かお困りの方は是非一度杉並高円寺整骨院にお越しください。

杉並区で整体なら「杉並高円寺整骨院」 PAGETOP