「杉並高円寺整骨院」で痛みや不調を根本改善

春は身体がだるくなる

本日は季節の変わり目での体調の変化についてお話しさせて頂きます。

春は一日一日の気温、気圧が非常に大きい季節です。そのために身体のダルさや、疲れを感じやすいのです。このような症状は自律神経の乱れによって起こってしまうのです。

自律神経とは何かというと、交感神経と副交感神経に分けられます。交感神経は起きている時やストレスを感じている時、緊張している時に優位になります。副交感神経は主に寝ている時や落ち着いている時に優位になる神経です。

この時期の不調の原因は、この激しい寒暖差に対応するために、交感神経が活発に働きエネルギーを使ってしまうため疲れなどが溜まってしまうのです。その他には、日照時間の変化や気圧の変化も大きくなるため身体への負担も大きくなってしまいます。この時期独特の環境の変化や花粉の影響でも身体にストレスが掛かり、常に交感神経がオンになり身体のダルさなどに繋がります。これらの予防としては、入浴などによりしっかりと身体を温めること、睡眠もしっかりとること、後は花粉症でなくてもマスクをして予防することを怠らずに行いましょう!後は定期的な施術を受けることをお勧めします。そうすることで身体の回復力が増して体調の変化が少なくなります。

少しでも気になる事がありましたら、是非一度杉並高円寺整骨院へいらしてください!

 

杉並区で整体なら「杉並高円寺整骨院」 PAGETOP