「杉並高円寺整骨院」で痛みや不調を根本改善

今日は寒い時期になると足がつるのはなぜかについてお話しさせて頂きます。寒くなる前にも足がつることがありますが、その多くは①筋肉の疲労②水分不足③栄養不足④血行不良などがあげられます。一度は経験があるかもしれませんが、寒い日に外に出たときに身体が勝手にぶるぶる震えたことはありませんか?寒い時期は勝手に筋肉が収縮して血管を締めて血管を細くして、体内の熱を外に逃がさないようにして筋肉を収縮することで熱を作っています。夜寝ているとき常に動くことはそんなにしないため、寒くなることで筋肉が緊張し血流が悪くなり足がつってしまいやすくなります。ただ、みんな足がつってしまうわけではありません。身体のバランスがしっかりと取れている方は身体の軸が安定していて無駄な筋肉を使う事も少なく筋肉の緊張がそんなにないため痛みがでにくくなっています。そのように身体のバランスを取れると防ぐことが出来るようになってきます。杉並高円寺整骨院ではそのような利用者にはB&M背骨歪み整体を行います。筋肉や筋肉がついている骨を整える施術をすることによって身体のバランスの取れた状態にし、血液の流れを良くすることによって痛みの出にくい身体にしていきます。

今足の痛みなどでお困りの方は是非一度杉並高円寺整骨院にお越しください。

 

杉並区で整体なら「杉並高円寺整骨院」 PAGETOP