「杉並高円寺整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回はバレーボールでの痛みについてお話しさせて頂きます。

最近バレーボールをしている方で、膝や、肩、首の痛みなどを訴えて来られる利用者様がいらっしゃいました。バレーボールではジャンプしたり、スパイクを打ったり、トスしたりと、色々な動きがあるので、使いすぎてしまうとどこかしらに痛みが出てしまいます。ですが、やってる人の中でも痛みになる人とならない人がいます。そういう人の違いはなんでしょうか?もちろんその利用者様もバレーボールをする前には準備体操したり、柔軟を高めるためにストレッチをやっているとおっしゃっていました。ですが、それだけでは追いついてないのが実際のところです。ですから痛みが出ているのです。まずはフォームの見直し、スパイクの時などは腕が頭のすぐ横を通らず、頭から離れてしまっているために腕の軌道がスムーズに行えていないとスパイク時にボールの負担が肩に大きくかかってしまい痛みになってしまう事もあります。

あとはジャンプの着地も身体の軸に対して垂直に着地する事ができないと痛みになってしまう事もあります。見直しが必要な要因はその利用者様によってそれぞれです。ですが多くの利用者の身体のバランスが整ってない事がおおいです。スパイクをよく打つ利き手や、着地でよく着く利き足やその方々のクセがあります。使いやすい方ばかり使っていると痛くなってしまう事もありますし、日常生活にも支障をきたしてしまいます。杉並高円寺整骨院では、そのようにならないように、その利用者様の身体の状態などをしっかりと診させていただいて、身体のバランスをしっかり整えていく施術、B&M背骨歪み整体をしています。

筋肉や背骨をしっかり整えることで、本来の身体の位置に戻すことによって痛みを出にくくしていきます。

もしバレーボールなどでの痛みにお困りの方は杉並高円寺整骨院までお越しください。

杉並区で整体なら「杉並高円寺整骨院」 PAGETOP