「杉並高円寺整骨院」で痛みや不調を根本改善

今日はテーピングについてお話しさせて頂きます。テーピングと聞くとスポーツをしている人しか関係ないじゃないかと思われる方も多いかと思います。もちろんスポーツをしている人はご存知かと思いますが、テーピングは高齢者の方や、一般の方など様々な年齢の方に使用が出来るアイテムになっています。テーピングには色々な種類がありテーピングテープの伸びないテーピングや伸びるテーピングやキネシオロジーテープなどと色々な種類があります。テーピングの意味としては、スポーツしている時の怪我の固定だけではなく、怪我の予防や筋肉の補助、身体機能の向上や血流を良くしたり、姿勢の変化にも使い分けることが出来ます。では、どのように使い分けた方が良いのでしょうか?大まかには、テーピングテープの伸びないテーピングは固定するときに最適です。しっかりと関節を固めたい時などに使います。テーピングテープの伸びるテーピングは可動域に対して最適です。無理に動かさないように可動域に制限をかけるときに使います。キネシオロジーテープは筋肉のサポートの時に使います。筋肉と同じくらいの伸縮に近いテーピングなので、筋肉の補助に使います。このように、テーピングでも色々な使い方があります。杉並高円寺整骨院でも日常生活で巻けるテーピングの方法や怪我をしてしまった時などテーピングの方法をお伝えしたり実際に巻いたりしています。テーピングについて分らない事がありましたら杉並高円寺整骨院までお越しください。

杉並区で整体なら「杉並高円寺整骨院」 PAGETOP