「杉並高円寺整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。本日は運動前のストレッチのタイミングについてお話しさせて頂きますね。

 

 

運動の前後にストレッチをして体をほぐす方は多いと思います。しかし、ストレッチの行い方やタイミングを誤って行うと効果を発揮しないこともあります。ストレッチを行うとき、大まかに分けると2つの種類があります。体を動かしながら行うダイナミックストレッチと静止してゆっくり行うスタディックストレッチ。この二つが大まかにはあります。運動の前後にこの2つを使い分けることで運動中のパフォーマンスやその後の痛みや疲れの予防もできます。ストレッチを行うタイミングとして運動前にはダイナミックストレッチを行った方が良いです。体を動かしながら行うことで体が温まりやすくなり筋肉にも柔軟性が生まれます。逆に運動前にスタディックストレッチを行うとゆっくり行うため体が副交感神経が優位となり動きが鈍くなりやすいです。運動後であればスタディックストレッチの方がしっかりとケアが出来て今後の痛みなどの予防にもなります。このようにストレッチも行い方やタイミングによって効果が変化していきます。

 

 

杉並高円寺整骨院では体の施術やストレッチの指導も行っています。お体のことでお困りの際はお越し下さい。

杉並区で整体なら「杉並高円寺整骨院」 PAGETOP