「杉並高円寺整骨院」で痛みや不調を根本改善

今日はサッカーでの股関節の痛み(鼠径部)についてお話しさせて頂きます。杉並高円寺整骨院にもサッカーやフットサルなどをやっている方が多くいらしゃいます。股関節はスポーツをしている方だと痛みになりやすいのですが、特にサッカーやフットサルなどボールを蹴る球技に痛みを伴いやすいです。最初はボールを蹴ると痛いから、本気で走ると痛い、最後は歩いても痛いという痛みになってきます。では何故そのような痛みになってしまうのでしょうか?まず多くは筋肉量が低下しているのにも関わらずたくさんのトレーニングや練習をやってしまうと痛みになりやすくなってしまいます。安静にしていると痛みは落ち着く事が多いのですが、また痛みを再発しやすくなってきます。解決するには施術を行うことやストレッチなどがとても大切になってきます。ですがそれ以外でも根本的には筋肉がくっ付いている骨を変える必要があります。背骨や骨盤周りを変えていく必要があるのです。股関節にくっ付いている腸腰筋という筋肉は背骨からくっ付いていますが股関節を曲げる時に作用する筋肉です。これ以外にも筋肉がどこからどこまでついていてどのような動きに関与するのか?その筋肉がついている骨に異常がないのか?を診ていかないといけません。そうして筋肉や骨のバランスを取ることによって痛みの再発予防にもなってきます。もし今股関節の痛みで悩んでおられる方は是非一度杉並高円寺整骨院までお越し下さい。

杉並区で整体なら「杉並高円寺整骨院」 PAGETOP