「杉並高円寺整骨院」で痛みや不調を根本改善

ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれています。血液は全身を巡っています。

心臓が中心から全身へ血液を送ります。そして足まで流れた血液は当然重力に逆らって上に戻らなければなりません。そこでポンプの役割をしているのがふくらはぎのお筋肉です。

足を動かす事によって足の大きな筋肉やふくらはぎがメインとなり、血液を送っています。

お仕事などで歩き回ったりと足に負担が溜まってしまったり、長時間の座り仕事などで足の筋肉を使わないとなると、ポンプの働きが低下して全身の血液の流れが悪くなります。

身体の組織は筋肉を含め血液から栄養を貰っているので、栄養が送られないと回復力も落ちてしまうので、負担も溜まりやすく筋肉がバランスを崩しやすいです。また、足で取れなくなった負担などは腰などの部分で庇い始めたり、上手く足でバランスを取れなくなってしまい姿勢が悪くなったり、重心が偏ります。結果背骨の歪みに繋がりやすいです。そして腰などの背骨周りの深い所の筋肉は背骨としっかりくっ付いているので、筋肉がバランスを崩して緊張状態が強くなることで引っ張られたり、歪みによって身体が支えられなくなり筋肉の負担も増えるので悪循環です。負担が限界になると、足をつったり、腰の急激な痛みなどにも繋がり、日常や仕事に影響がでてしまいます。

杉並高円寺整骨院のB&M背骨歪み整体によって、背骨を真っ直ぐにしてあげる事で、身体をしっかり背骨で支えられるので筋肉の負担も軽減でき、足の疲れづらい身体に変えることが出来ます。

ふくらはぎがよくつる方や疲れが溜まりやすい方は是非一度杉並高円寺整骨院へいらしてみて下さい

 

杉並区で整体なら「杉並高円寺整骨院」 PAGETOP