「杉並高円寺整骨院」で痛みや不調を根本改善

歩いている時やいすから起き上がろうとした時に、お尻や太ももに痛みやしびれを感じたことはありませんか?その場合、坐骨神経に何らかの負担が掛かっている可能性が考えられます。症状をくりかえすうちに、痛みで歩けない、いすから立ち上がることができない、といった状態になることもあるので、しっかりと良くしていく必要があります。さらに状態が悪化すると、立っているのがつらい、座っていても寝ていても痛む、といった状態にもなりかねません。

坐骨神経痛とは症状のことを指すのではなく、頭の痛み等と同じように坐骨神経に生じた痛みやしびれなどの総称のことを言います。坐骨神経は末梢神経のなかでも最大のもので、お尻から太もも、ふくらはぎへとつながる長い神経です。膝から下では、すねや足底の神経へとつながっています。そのため痛みやしびれの出る場所も、人によってさまざまです。お尻から太ももの部分が多いものの、ひざ裏やもっと下の部分に症状が出る人も少なくありません。

原因としては、初期には過度な運動や、反対にデスクワークによる運動不足などで起こることもあります。神経痛をはじめ、痛みは長く放置しておくほど、取り除くのが難しくなります。痛みが長引くと痛みの記憶が脳に刻まれ、それが体にも心にも悪影響を及ぼす事もあるので早めに対処しましょう。まずは軽症のうちに自分の現状を確認し、予防をふくめてきちんとした対策をとることが大切です。お身体についてはまだまだわからないこと、知らなかったことも沢山あるとは思いますが、一度杉並高円寺整骨院へいらしてみて下さい。しっかりと説明させて頂きます。

 

杉並区で整体なら「杉並高円寺整骨院」 PAGETOP