杉並区で信頼できるプロの施術を受けるなら杉並高円寺整骨院へ

杉並高円寺整骨院

こぶしが握れない

2016/10/27 カテゴリー:ブログ

数ヶ月前、高齢の女性のご利用者の方で、利き腕の手に力が入らない、こぶしが握れなくなったという方が来院されました。この方の場合、右手が利き手でした。そこで、試しに左右の手で、私と握手をして頂き、強く握ってもらうと、左手に比べ明らかに右手の握力が低下していることがわかりました。

そこで、毎回、右手の伸筋と屈筋の部分に施術を行いました。伸筋というのは、手指を伸ばしたり、手の甲を背面に反らせたりする動作をする筋肉で、屈筋というのは、逆に手指を掌(てのひら)側に曲げたり、手首を内側に曲げたりする動作をする筋肉です。伸筋は主に肘の関節の外面外側から始まり、手の甲や手指まで伸びています。他方、屈筋は主に肘の関節の内面内側から始まり、掌や手指まで伸びています。

この利用者の方の場合、当初、伸筋、屈筋ともコチコチに緊張していて、こぶしを握るのも、反対に指を伸ばすのも力が入りづらいようでした。全身の施術に加え、毎回、この伸筋、屈筋に施術を行うにつれ、緊張が少しずつほぐれ、それに伴い、こぶしを握る力、握力も強くなってきました。4ヶ月を経過し、今では全く気にならなくなったとのこと。握力が戻ったら何をしたいかとの問いに、この方は中断していた書道を再開し、展示会用に出品作品を製作していくのだと仰いました。長年ライフワークにしてきた書道をまた始められる、その希望の光が見えたことで、益々、施術に通う意義や必要性をお感じになったようでした。

利用者の方々の痛みを取り除く、不調を解消するお手伝いをすると、その先に新たに活動や創作の意欲を見せて下さる。何より笑顔で来院し、笑顔でお帰りになる。改めて、治療師冥利に尽きる臨床例となりました。

同じような症状でお悩みの方は、杉並高円寺整骨院にいつでもご相談ください。

予約取り方

03-3312-1039 にお電話いただきますと、

「はい、杉並高円寺整骨院です。」

と応答しますので、

「初めてなのですが、予約をお願いします。」

とお答えください。

お名前(フルネーム)

ご予約の日時

連絡のつく電話番号

一番気になるお身体の症状・状態

以上をお伺いさせて頂きます。

その他、ご不明な点が御座いましたらお電話でお気軽にご質問下さい。

あなたのご来院をお待ちしております。

メールでのお問い合わせについて

メールでのご予約は下記のフォームよりご連絡下さい。

#

お電話でご連絡頂く際は、

「初めてなんですが●日の●時にご予約お願いします」とおっしゃってください。

ご希望時間がない場合は「午前か午後でお願いします」とおっしゃってください。

平日は 16時 が比較的空いております。
土曜日は 13時 が比較的空いております。

■ 注意事項 ■

※フォームがうまく作動しない場合、お手数ではございますが、03-3312-1039 まで直接お電話にてご予約いただきますようお願い致します。

■営業の方へ ■

当院の受付時間中は、電話での対応をお断りしております。

ご用の方は問い合わせフォームに内容を明記の上、必要であればこちらから折り返し連絡をさせて頂きます。

 必須  項目はすべてご記入ください。

ご予約希望日時  必須   月  日  時頃
お名前  必須 
例)整骨 太郎
フリガナ  必須 
例)せいこつ たろう
メールアドレス  必須 
例)○○○@docomo.ne.jp
電話番号  必須 
例)01-2345-6789
お問い合わせ内容
送信確認  必須   上記送信内容を確認したらチェックを入れてください

#
# #

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-58-26

お問い合わせ 03-3312-1039

© 杉並高円寺整骨院 All Rights Reserved.